モラハラ

仕事でモラハラを受けていてつらいので、仕事を辞めることにしました。
職場は、センター長(男性)女性は、私を含め2人(もう一人は、派遣扱いで能天気な美魔女)
ブログを書く気力もなくなり、自己肯定感もなくなって、自分がダメなのかと落ち込んでいました。
自分の気持ちにヒットするブログを見つけることができて、気持ちが前向きになりつつあります。

以下長くなりますので、スルーしてください。
前向くために記録残します。

センター長(自己愛野郎)に、ターゲットにされてモラハラ攻撃を受けています。
この攻撃は、自己愛野郎の気分でいつ仕掛けられるかわからず、毎日ビクビクしています。

モラルを振りかざしてくるので、はたから見ると指導のようにみえるかもしれませんが、
あとから冷静になって考えると??どうして叱責されなければいけないのかみたいなことで、疑問です。
私が困っているのを見てすっきりしているのでしょう、自己愛野郎がイライラしたり反論できない人とやり取りした
後などストレスのはけ口として、また、スケープゴート(生贄)となっています。

私の対応が悪いんじゃないの?と思う人がいるかもしれませんが、いくら言ったところで私が受けた叱責やモラハラは、
私にしかわかりません。
私のようにモラハラ受けてる人に、わたしはわかります!といいたい。ばんまつりさんのブログで救われますよ。

ばんまつりさんのブログから↓
自己愛の有無を言わせぬ叱責は、私の責任感や罪悪感をいだかせて反撃できないようにします。

自己愛性人格障害者は外面が良いので、初対面の人や(自分が助けられるレベルで)困っている人には愛想よく接してきます。←これは、美魔女に対してです。

自己愛性人格障害者のターゲットになり続ける人にするためには、どのように育てるのが良いでしょうか。
ズバリ(古い)自己肯定感をへし折ってやればいいんですね。←これは、私で、ボロボロです、すぐ真に受け悪いなあと思うお人よしのおバカ

モラハラするような自己愛性人格障害者は、あくまでも自分は被害を受けている側で、それを正すために相手を指導している、という体を装う ←何してるの、いつできるの、まだなの?とあせらせる

自己愛性人格障害者の思考は、共感性がない

自己愛があまりにも強すぎると、社会でまともに生きて行けず、入院加療が必要な【自己愛性人格障害(重症)】レベルになります。
次に自己愛が強い【自己愛性人格障害】は、社会には出ていますが、やはり適応できていない部分がモラハラやDVやいじめなどに現れるのだと思います。

自己愛性人格障害者は思ってる事が素直に顔に出て、行動が予測しやすい素直な人をターゲットにしやすい、という事です。



[PR]
by mamikorifure | 2017-09-25 23:05

先代ピースケ君、二代目シロちゃんと


by mamikorifure
プロフィールを見る
更新通知を受け取る